排便リズムの乱れ

本来、人間の身体は、

規則正しい生活をして、

バランスの良い食事とてきどな運動を心がけていれば、

毎朝すっきりと排便できるリズムが備わっています。

 

寝ている間に休んでいた胃や腸が、

朝食をとることによって動き出し、

それまで溜まっていた便を押し出すという排便リズムがあるからです。

 

しかし、現代人の多くは、そうしたリズムに狂いが生じてきています。

 

排便リズムが崩れることによって、

便秘と下痢を繰り返すような症状に悩む人が増えています。

 

例えば、便秘は女性の専売特許のように言われていますが、

現に女性の約6割もの人が、便秘または便秘気味だという調査結果もあります。

 

こうした排便リズムの不調に苦しんでいるのは女性だけではありません。

過敏性腸症候群で悩んでいる男性も多いですし、

最近では子供の間でも、毎日、快便できている子は少なくなってきているようです。

 

排便リズムのみだれは、日本人の現代病の一つとも言えそうです。

 

排便のリズムは本当に簡単なことで乱れてしまうものです。

例えば、忙しい朝に排便の時間を逃してしまうと、

その後、なかなか便意を催さない人もいるでしょう。

他にも、夜型の生活をしているうちに、排便する時間がまちまちになってしまった人や、

ストレスによって便秘と下痢を繰り返す人など、

実に様々です。

 

 

便意のことを英語では、

「ネイチャー・コールス・ミー」

といいます。

直訳すると、自然が私を呼んでいる、という意味です。

 

便意を感じているのに我慢してしまうと、

後でトイレに行ってもなかなか出てきてくれません。

 

便意をなくさないためにも便意を感じたら、

すぐにトイレに行くことが排便リズムを一定にする秘訣なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL