とても苦しいお腹の張り

私は便秘症でもなければ慢性的にお腹が緩いわけでもない、

いたって普通の腸内環境だと思っていました。

 

しかし1年ほど前からお腹の張りに悩まされるようになり、

それはそれはつらい毎日を送っていました。

 

お腹の張り。

つまりおならが溜まる症状です。

経験がない人からすれば、

下痢で何度もトイレに駆け込まないといけないわけじゃないんだから大したことないでしょ、

と思われるかもしれません。

ところがこれがほんとにつらいんです。

 

インターネットで調べてみたところ、ガス型過敏性腸症候群(IBS)というものと症状が一致しました。

常にお腹がパンパンの状態で、おならがしたい。

電車の中だろうが仕事中だろうがお構いなしです。

四六時中お腹とお尻に力をいれておならをひたすら我慢する日々…

 

時々お尻まで行ったガスが行き場をなくしてつぶれる音がするんですけど、これがまた異常にでかい。

お腹のグーという音とおならのブーという音の間くらいの音なんですが、

隣の隣の隣の席の同僚くらいにまで聞こえる程の音量。

それが何度も繰り返し襲ってくるんです。

 

休憩時間にトイレに行ってできるだけガスを排出しようと試みてはいたのですが、

出しても出してもまたすぐに体の中で作られるガス…

帰り道、人けのないところでおならを出そうとすると、

「あれ、これ、おならじゃないものが出そう…」

そんなわけでガスか固形かわからないものを排出するわけにいかず

そのまま家に帰りトイレで出してみると、ガスでも固形でもなく液体が出ました。

下痢でもないのにお尻から出るのはガスと粘液…ほんとにつらい。

 

食事を野菜主体にしたり食後にリンゴを食べたり食物繊維を多く取るようにしたり

お腹のマッサージをしてみたりといくつかの努力はしてみたものの全く変化はなく、

藁にも縋る思いでドラッグストアに行き、

ガスピタンという文字通りお腹のガスを減らしてくれるお薬を購入してみたものの効果は薄く、

かかりつけの病院でガスコンという同じくガスをたまらなくするお薬を処方してもらったものの

これまた改善には至りませんでした。

 

そんなときたまたまテレビで見たよくあるヨーグルトのコマーシャル。

「あなたも14日チャレンジ」

ヨーグルトは美容にもいいし、半信半疑で14日チャレンジしてみることにしました。

すると14日どころか5日もたたないうちに症状は改善され、

あれだけ苦しめられたお腹の張りは今では生理前の2日くらいで、

それも以前ほどひどいものではありません。

 

過敏性腸症候群に苦しんでいる人は日常やらないといけないことが手につかないほど

頭の中もお腹もそのことに支配されてつらいと思います。

きっと模索していけば自分に合った改善法がみつかると思うので、

食事、運動、睡眠…自分の毎日の不足を探すこともしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL