電車移動中に感じる恐怖を克服する方法

過敏性腸症候群は

トイレの不安を感じ体に影響が出る病気です。

中には生活に支障をきたす場合があるため、

自己処置で放置せず徹底的に治療を行うために、

医療機関を受診し診察を受けると良いです。

 

過敏性腸症候群を患っている人の中には、

日常生活を送るのが億劫に感じる人もいます。

電車や車の移動が恐怖に感じたり、エレベーターや集会等、

身動きが取れない事態に陥ったらパニックになる人もいます。

 

これは移動や身動きが取れない事で、

不安やストレスに感じ腹痛や便意を感じトイレに行きたくなるためです。

これは脳が不安やストレスを感じ腸へ信号が伝わってしまう事で起こります。

 

では恐怖やパニックに陥った時にどのように対処したらよいのか、

克服方法を考えていきます。

 

通勤や通学に電車を利用する場合は、

各駅のトイレを把握しておきます。

電車の乗り継ぎ時や待ち時間にすぐトイレを利用できるように

頭の中に叩き込んでおくだけで、心にゆとりができ緊急時にも落ち着いて対処できます。

 

また車内から移動できない時は、腹痛や便意以外の事を考えます。

意識を違う所へ持っていく事で症状が改善される場合もあります。

 

エレベーターや集会時も同じで、心を追い込むと

余計緊張してパニックになるので、まずは心を落ち着け冷静に対処する必要があります。

電車内は風景が変わるので外の景色に没頭したり、

友達との会話で意識をそらしたり、手足やお腹を温めるだけでも落ち着く事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL