過敏性腸症候群を放置すると痔ろうのリスクが高まる

私と過敏性腸症候群の出会いは今から5年前くらいの、

新しい職場に転職したばかりの頃になります。

 

人間関係になかなか慣れることができず、また仕事内容も神経を使うものだったので、

緊張から下痢が止まらなくなり、トイレに行く回数が増えていきました。

 

子供の頃から試験などで緊張が高まると下痢気味になり、トイレに行きたくなる傾向があったのですが、

しはらくするといつも自然に治ってしまったので、その時も最初は何もしないで放置しておきました。

 

しかし下痢気味の状態が数週間も継続すると、さすがにこれはいつもと違うと思い、

ドラッグストアーで販売されている市販の胃腸薬を飲み始めましたが、一向に改善しなかったのです。

 

そのため3、4ヶ月が経過した頃、自宅の近くにある胃腸科に行ってみましたが、

最初は医師の触診により、肛門部分の検査が行なわれました。

その後は腸内視鏡検査で、腸内に異常がないかの検査が行なわれましたが、

特に異常はないということで安心しました。

 

また特に腸に異常がないのに、下痢の症状が繰り返されるのは、

職場での緊張が原因なのではないかということで、医師からは過敏性腸症候群と診断されました。

 

そんな病名を聞くのは初めてだったので、少し戸惑ってしまいましたが、

医師からは早めに治療を受けて良かったと言われました。

その理由としては、たかが下痢だと思って放置しておくと、痔ろうになるリスクが高まるからだそうです。

 

また痔ろうになってしまうと、入院して手術しなければならず、

私の場合もあともう少し放置していたら、痔ろうになっていた可能性があると言われました。

 

医師からはコロネルという薬を処方され、あとは水分、特にお酒を飲みすぎないように指導されましたが、

きちんと薬を飲み、その指導通りに水分を控えていたら、症状は少しずつ改善していったのです。

 

その胃腸科には数ヶ月は通いましたが、症状がかなり良くなった頃に医師から、

過敏性腸症候群の原因となっている緊張を改善しないと、

また下痢になるということで、心療内科に行ってみることをすすめられました。

 

その後は医師のすすめる通りに、心療内科に行ってみましたが、

そこで処方された精神安定剤などを飲むことにより、過敏性腸症候群の症状は落ち着いております。

 

また医師から処方された薬の他に、ドラッグストアーで販売されている新ビオフェルミンSを、

毎食後に飲むようになりましたが、これも過敏性腸症候群の再発防止に、役立っていると思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL