過敏性腸症候群の対処法は、自分で自分をコントロールすること

うちの息子が本格的に過敏性腸症候群に悩まされるようになったのは、

中学生になってからです。

 

小学生の頃は心身ともに健康そのもので、

周りの大人から見ると、繊細な性格とは真逆のところにいるようなヤンチャ坊主

という印象を持つ人も多かったと思います。

 

だからそれまでは過敏性腸症候群という病名も知りませんでしたし、

息子がそんな病気であることを受け入れるのも時間がかかりました。

 

息子は中学生になり部活は運動部に入ったため、毎日水筒を2本飲んでも足りないから、

追加して水筒に学校の水道で水を入れることもあったようです。

 

そんな毎日だったので、ある日お腹が痛いと言われた時も、

「水分の摂り過ぎなんじゃない?正露丸でも飲んでおきな」

とあまり気にしませんでした。

 

しかし息子が毎日のようにお腹が痛いと言うようになった頃から、

ちょっとおかしいと思い始め、お腹の様子を聞いてみると、

下痢をしている時としていない時があり、

下痢をしているからお腹が痛いのだろうと思い込んでいたのですが、

下痢をしていない時でもお腹が痛くなると聞いて、

これは単なる水分の摂り過ぎという話しではないと思いました。

 

毎日のように正露丸を飲んで登校していても良くならないので

ネットで検索してみると「過敏性腸症候群」という病気の存在を知りました。

 

あとから気づいたことですが、原因として考えられるのは、

息子は部活でプレッシャーを感じる毎日で、朝練や試合などでほとんど休みもなかったため、

精神的にも肉体的にも疲れていたようです。

「今日も部活か」

そう思うことがお腹の痛みを引き起こしていたようです。

 

「病院へ行こう」と行っても今度は「どんな検査をされるのか」で不安になり行きたがりません。

不思議と学校が休みの日はお腹が痛いと言わないので、やはりメンタル面が原因なのだと思います。

 

普段の食生活で気をつけていることは刺激物が良くないというので

カレーや麻婆豆腐のような辛いものは食べさせません。

刺激物を取ると腸が心臓のようにドクドクいって激しく動いていると言います。

また朝ごはんは消化に良いバナナとヨーグルトを食べて行きます。

 

高校生になった今は自分のルーティーンを作り、家でまずトイレに行き、

電車で学校の最寄りの駅についたらもう一度トイレに行く。

そうすれば大丈夫だと自分で自分を信じ込ませることで何とか毎日を過ごしています。

 

テストの日など緊張するとはやりお腹が痛くなりますが、

前の日から冷たい飲み物を控えるなど自分なりに気をつけて生活することで、

それほどひどくはならないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL