過敏性腸症候群に効果のあるセレキノン

緊張するとお腹が

痛くなって下痢になることが多い、

そんな経験を持っている人も中にはいるでしょう。

 

単に性格の問題なのではと済ませている方も多いかと思いますが、

それは性格によるものではなく

過敏性腸症候群という立派な病気なのかもしれません。

 

これは慢性の下痢のようなもので、

強いストレスにさらされることによって発症されると考えられています。

腸の動きというのは自分で意識して動かすのではなく、

自律神経によってその働きが調整されているのですが、

それがストレスなどによってバランスが崩れてしまうと

突然便意をもよおしたりと苦しむことになるのです。

 

これは直接命に関わるような病気ではありませんので軽視されがちですが、

便意をコントロールすることが出来ないということは

日常生活に多大な悪影響を及ぼします。

 

自動車や電車などによる長時間の移動は困難になりますし、

テストや会議など長時間自由にトイレに行くことが出来ない環境は

耐えることが出来ません。

このように、過敏性腸症候群は思っているよりも

はるかに深刻な病気なのです。

 

その為、もし自分がそうなのではと感じるようなことがあれば

医師の診断を受けたり薬を使用することが大切です。

 

使われる薬としてはセレキノンが挙げられます。

これは腸の動きを調節する薬で、コントロールするのが困難な

腸の動きをある程度自分の自由にすることが出来るというわけです。

外出時にはセレキノンを使用するだけでもずいぶんと生活が楽になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL