過敏性腸症候群と下痢と漢方

近年、日本国内においては

原因不明の下痢や腹痛、便秘などの症状に

悩まされている人が増加しています。

 

特に10代後半以降の若年者の間では

こうした症状がごく一般的なものとなっており、

医療機関などを受診している人も増加しています。

 

ただし、若年層の腸の疾患としては

それほど重大なものが考えられるケースはまれであり、

ほとんどがストレス性の過敏性腸症候群という診断名が付くことがあります。

 

インターネット上では過敏性腸症候群を抱えている若者が

掲示板などで情報を交換することが良くみられています。

 

この疾患の治療のためには胃腸科などから処方される

胃薬を飲み続けることも有効ですが、

それ以上にストレスを抱えないように生活を送ることが良いとされています。

 

そうした中、インターネット上では過敏性腸症候群に

効果が出るとされる漢方についての話題が集まっています。

漢方にはいろいろな種類があるために、

何よりも体質に合った漢方を処方してもらうことが望まれています。

 

漢方の中には医薬品に指定されているものも存在するために、

街中のドラッグストアの薬剤師に効能について

尋ねてみることも勧められています。

 

また、漢方と体質について関心を持っている場合には、

専門の薬局などに訪れることも有効です。

 

過敏性腸症候群は命に係わるほどの疾患ではないものの、

症状が重くなるにつれて日常生活を送ることも難しくなってゆくために、

積極的な治療に励むことが望まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL