腹式呼吸で深呼吸

胃腸などの内臓は、

自律神経という、意思とは関係なく働く神経で動いています。

 

下痢で大腸が脈打つように動き、

ギュルギュルと音が鳴っているのを止めたいとは思っても、

自分の意思ではどうすることもできません。

 

自律神経というのは、手足を動かす神経などとは違い、

意思の支配を受けない、不随意の神経だからです。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経の

二つの神経から成り立ち、これらのバランスによって調整されています。

 

例えば、緊張する場面でお腹が鳴り出すのは、

緊張によって交感神経が副交感神経よりも、突然優位に立ち、

自律神経のバランスが崩れたために起こるケースがあります。

 

その時は、「どうしよう!」とパニックになるよりも、

落ち着いて副交感神経を優位にさせて、

リラックスすることを考えましょう。

 

自律神経を整える方法にはいくつかありますが、

もっとも簡単で、すぐにできるのが、

腹式呼吸による深呼吸です。

 

鼻から吸い込み、

お腹から肺まで空気でいっぱにして、

口から吐き出します。

 

これをゆっくり5~10回繰り返すだけで

自律神経が整い、腸の動きが穏やかになってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL