病院を受診する

過敏性腸症候群かも知れないけれど、

どの医療機関を受診したらいいのかわからない。

という人もいるでしょう。

 

この病気は便通の異常や腹痛などの身体症状に加えて、

精神的なことが関わっていますので、

専門家としては、

消化器内科、心療内科、精神科が挙げられます。

 

はじめて診療を受ける場合は、

まず消化器科あるいは消化器内科を受診するのが一般的でしょう。

 

また、緊張したり心配事があると症状が起こる場合や、

辛い症状が続いて精神的にもまいっている場合は、

はじめから心療内科を受診する方法もあります。

 

いずれにしても、過敏性腸症候群では、

消化管は見た目に変化はなく、

機能的な面で異常が起こっているわけですから、

患者自身の感じ方や自覚症状の説明が、

治療を進める上での欠かせない情報となります。

 

医師は、患者がどんな症状で、

どんなことに困っているのかを話してもらうことで、

病気の原因を探り、患者に合った治療法を考えてくれます。

 

 

心療内科は心身症を扱う専門家で、

そのなかでも過敏性腸症候群は一番多い病気で、

心身両面から治療していくことになります。

面接を繰り返しながら治療者と一緒にその原因を考え、

考え方を変えたほうが症状改善に繋がると考えられる場合は、

改善方法を一緒に考えていきます。

 

人の行動は簡単に変えることはできませんが、

医師と面接を繰り返していく中で、

徐々に変化し、前向きに生活できるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL