環境が変わったら、過敏性腸症候群が治った。

小さい頃、過敏性腸症候群でよく下痢をしていました。

でも環境が変わった事でかなり良くなりました。

 

環境の変化というのは、親の離婚です。

親が離婚して最初は、母親のもとにいたのですが、

途中から、父親と暮らすようになってから、下痢をすることがかなり減りました。

多分、親の性格の影響ではないかと思います。

 

母親は細かいことを気にする神経質な性格なのですが、

父親は小さい事は気にせず、大雑把な性格です。

それで、その小さい事を気にしない性格の父と一緒に住むようになって、

自分の性格も影響を受けたのだと思います。

 

何か心配なことがあっても、まあなんとかなるだろう、という感じで

気にしないようになったところ、あまり下痢をしなくなりました。

特に、お腹が痛くなり始めそうな時に、意識的にリラックスするようにしたら、

あまり痛くならないことに気付いたのが、大きいと思います。

 

そして、あまり心配しなくても、物事の結果というものは、そんなに変わらないものだと、

人生経験で学んだのが、大きいと思います。

 

その後しばらくして、また母親と暮らすようになるのですが、

その後も下痢をしそうな感じがした時は、体の力、特に腹部の緊張を解くように

意識的に、努力するようにして、下痢はあまりしなくなりました。

 

でも時々、お腹が痛くなるときは有ります。

特に、冬の寒いときなどに、冷たい水を飲むときは注意しなければなりません。

そういう時は、少しずつゆっくり飲み込むようにします。

少し口に含んでは、軽く口の中で、うがいをするような感じで、

口の温度で水をゆっくり温めてから飲み込むようにすると、かなり違います。

 

また少しでも寒いとおもったら、厚着をしたり、暖房をいれたり、

暖かいところに移動したりして、体を冷やさないようにします。

冬は特に足元を温めるようにします。

 

ユニクロのヒートテックのタイツとか

(他のブランドでも、最近よく似たようなものが多数出ていますよね。)

暖かい靴下、ブーツなどで、足を冷やさないようにするのも効果的だと思います。

 

過敏性腸症候群といえば、下痢になる食べ物も有ります。

自分の場合は、プルーンを食べて下痢になった事があります。

 

情報処理試験の時に、母がお弁当を使ってくれたのですが、

それが健康に良いからという理由で、プロテインで作った飴にプルーンを混ぜ込んだものだったのです。

しかも他に、おかずもご飯なく、全部それだけという奇妙な、お弁当。

そしたら、見事に当たりました。

ものすごい下痢になって、試験の途中で退場しなければならなくなって、見事に落ちました。(泣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL