外出が怖かったのですが、こんな緩和方法があります

49歳♂です。

私は子供の頃からお腹が緩く、緊張や不安事があるとトイレに行きたくなります。

ストレスに弱い体質なのだと思います。

 

小学生の頃はテストの度に大便がしたくなり度に皆の笑い者になっていました。

余談ですが、休み時間に行かず、授業中にお腹が痛くなったといって用を済ますと笑われない事もわかりました。

 

社会人になっても(当然面接時は大変)、会議での発表、新規の客先等本当に困る事が多いです。

また、旅行などの移動で電車、飛行機は憂鬱です。

自分が行きたい時にいつも他人がする、なんてマイナスなイメージが出来てしまいます。

旅行、長時間移動と聞くだけでお腹が落ち着かなくなります。

そういえば通勤も怖いので途中下車しても良いように30分前に会社に着くようにしていました。

 

そんな私ですが、40過ぎにうつ病/パニック障害になってしまいました。

うつ状態やパニック発作を一時的に止める方法は

「デパス」「マイスリー」等の精神安定剤を使用します。

多少気持ちがホンワリ(軽く酔っぱらった感じでしょうか)するので楽になります。

 

なぜかわかりませんでしたが、この病気になってから下痢が減って来たような気がするのです。

ひょっとすると、この精神安定剤はお腹のゆるみや急な下痢に効き目があるのではないかと思い始めました。

緊張がほぐれるのでトイレに行かなければという不安感も少なくなる気がすると思ったのです。

 

実は「過敏性腸症候群」という病気を知ったのはこの時です。

通院していた精神科の先生、別な病院(内科)の先生に言われました。

症状を緩和するのに精神安定剤が私の場合は効果的なのかもしれません。

ストレス性から来る症状であれば納得できます。

 

怪我の功名という訳ではありませんが、ずっと悩んでいた下痢は随分よくなりました。

(当然、精神安定剤の服用を中止したらわかりませんが)

これらの薬は内科でも処方してくれますし、市販の睡眠導入剤でも同じような効果が得られます。

 

しかし、問題は副作用で眠くなるので外出が出来ない事もあります。

車じゃなくても急に睡魔に襲われることもあるので歩きだって危ないかも知れません。

 

そんな精神安定剤を使用しない外出中の下痢の心配を防ぐ方法ですが

市販の下痢止めを使います。

あたりまえと思いますがタイミングを変えるのです。

CMでは電車の中で急な腹痛、下痢を抑えるイメージですが、それでは遅いのです。

外出する数時間前から下痢止めを飲み、朝から水分をあまり摂取しないようにします。

これだけで急な下痢は回避できる可能性が上がりました。

 

また、私の過敏性腸症候群はストレス(精神的な問題)からくるタイプなので、

「薬を飲んだ」という事実があれば随分楽になります。

投薬という方法で改善はされて来てはいますが絶対ではないので、

今でも長時間移動は心配なのは悩みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL