便は健康のバロメーター

あなたは自分の便をじっくりと観察したことはありますか?

 

便は腸からの贈り物とも言われるように、

腸から出てくる便を観察することで、

そのときの自分の健康状態を知ることができます。

 

便の色や形状、硬さ、臭い、量などをチェックすることにより、

腸の状態や病気などを知ることもできます。

 

例えば、便の色はとても重要な情報です。

健康な人の便は普通、黄土色か黄褐色をしています。

便に血液が混じっていると、出血量によっても異なりますが、

便が黒っぽくなったり、赤っぽくなったりします。

 

野菜中心の食事をしている人ほど、黄土色の便になり、

肉食中心の食事をしている人ほど、黒く臭いもキツイ傾向があります。

 

特にドス黒い場合は、胃や、腸の上部で出血を起こしている可能性があります。

このように黒っぽい便が出たら、胃潰瘍や十二指腸、

あるいは胃がんなどの上部消化管疾患の疑いがあります。

ただし、便秘が続いている時も、便は黒っぽくなりますので、

毎日のチェックが大事なのです。

 

次に、便の形や量、硬さからも色々なことがわかります。

きゅうに便が細くなり、それが続くときは、

腸の一部にポリープや大腸がんによる狭窄が起きていることが考えられます。

 

いつもより硬い便だったり、コロコロしたような便は、

摂取する水分量が不足していることも考えられます。

逆に、形をとどめない下痢便が出たら、

消化不良や食中毒、腸炎などが疑われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL