乳酸菌を利用して改善

過敏性腸症候群とは

20代から30代に多い症状で、

主として大腸の運動及び

分泌機能の異常で起こる病気の総称です。

 

検査を行っても炎症や潰瘍など

目に見える異常が確認できないにもかかわらず、

下痢や便秘、ガスの過多による下腹部の張りなどの症状が起こります。

 

症状の原因には精神的なストレス、生活リズムの乱れが考えられ、

症状の改善にはこれらの要因の解消が治療として行われます。

 

また、近年は乳酸菌の利用が有効とされています。

乳酸菌が含まれる食品はヨーグルトやヤクルトがあります。

さらに腸を刺激するバナナや乳酸菌のサプリメントも有効です。

 

ただし、下痢の症状が激しい場合は、

乳酸菌を取ることで症状が重くなることがあるので

摂取は控えた方がよいです。

 

また、過敏性腸症候群は保険適用が行えるので

医療機関で医師の診察と処方を受けることで

症状を改善することができます。

 

私も以前はよく便秘をしたり腸の調子が悪かったので、

医師の診察を受けると過敏性腸症候群の疑いがある

という診断を受けました。

 

私の治療は、便を排出するリズムを習慣化するため

にヨーグルトやゴボウ、こんにゃくなどを積極的に摂取して

乳酸菌や食物繊維をしっかり取ることと、下剤を使って便を出すようにしました。

 

治療期間は約1年半程度行いました。

これにより便秘は以前よりも改善させることができました。

早めに医師に相談することで症状の改善や

治療も短くすることができるので、早めの受診をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL