ストレス緩和と食事の改善に努める

 

私が過敏性腸症候群になったと思われるのは、8年ほど前のことです。

職場が変わったばかりで、ストレスを抱えていました。

 

人間、誰しもストレスを感じ、それが体に出ることがありますが、

胃に出る人もいれば、頭(頭痛)に出る人もおり、

また、私のように腸に出る場合もあります。

 

潰瘍性大腸炎などとは違って、過敏性腸症候群は心因性によるものと考えられるので、

そのストレスの原因となっているものを取り除くか、

緩和するよう努めることも必要かと思います。

 

私の場合、職場でのストレスから、便が一度に出切らない、

いわゆる「頻便」のような状態になってしまいました。

また、調子が悪い時は下痢が続きました。

 

朝、トイレに行っても、通勤のための電車に乗っている最中、催してくるわけです。

これが厄介です。

電車を降りて、駅のトイレに行ったところ、長い行列が続いていて、万事休す。

慌てて、駅を出て、喫茶店に駆け込んだことも何回かありました。

こういうことが重なると、朝の満員電車に乗ることも恐怖になってきます。

 

朝、一度、トイレに行った後、家を出る前に、

「全部出し切ろう」と、再びトイレに行って気張るのですが、

これが思わぬ事態を引き起こしたこともありました。

あまりに繰り返し気張り過ぎて、「痔瘻」になってしまったのです。

 

痔瘻は、肛門の近くのくぼみに菌が入って膿となるものです。

結局、私は、肛門のあたりに出来た膿をとるために切除手術を受けました。

この「痔瘻」の手術を経て、

以前よりも、さらに真剣に過敏性腸症候群の改善に取り組もうと思いました。

 

医師に相談したところ、薬物治療の話も頂きましたが、私は、自分の力で治そうと取り組んできました。

行ったことは、まず、朝は満員電車に乗らないということです。

まだ電車が空いている時間帯に余裕をもって出勤するのです。

これにより、早起きの習慣ができ、健康体となり、早くに職場に行くので時間も有効に使えました。

 

また、食べ物にも気を付けるようにしました。

個人差はありますが、乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維が症状を悪くする場合があります。

本来、腸にいいとされる、それらが私にとってはよくない効果があったので、摂取に気をつけました。

 

食物繊維でいうと、ゴボウが特にダメで、

よく噛まないで飲み込むと、次の日は何回もトイレに駆け込むことになりました。

ゆえに、食べる際はよく噛んで飲み込みました。

また、食物繊維、乳酸菌などをとった時は、水分をあまりとりすぎないように注意しました。

とりすぎると下痢をしますので。

 

このような改善に努めたところ、今は薬を服用しなくても、支障の無い生活が送れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL