過敏性腸症候群の便秘

過敏性腸症候群となる前の便秘を発祥したときのことから書きますと

初め小学生の一年生くらいのころ学校のトイレに入るといじめに遭うというような風潮が

幼かったせいかありました。

それで、なるだけ学校では、トイレの大には、入らないようにして家で済ませるようにしました。

そのことが良くなかったみたいで行きたくなっても我慢するようになってしまいました。

 

また私は、とても神経質でした。

運動会や遠足といった催しものの前は、必ず便秘してました。

これらのことが重なって、便秘がひどくなっていきました。

 

それでそういうときは、浣腸などに頼ってしまい

その後、腸が筋肉痛みたいになり動かなくなるものですから、

便秘の状態がしばらく続き

おばあちゃんが貰っていた下剤にまで、手を出すようになりました。

 

中学生になりいじめに遭い、修学旅行や体育祭など催し物が増えたことも影響し、

ますます便秘がひどくなり、下剤を飲む量が増えていきました。

しまいには、人が飲む量の2倍にまで増えてました。

しかし高校生になったころから、自転車での通学や体育での運動量が増えたことや

少し気が大きくなったこともあり次第に、便秘がなくなっていきました。

朝から青汁を飲むようになったこともひとつの要因だとも思います。

 

高校3年間非常にお腹の調子は、いままでで一番良かったと思います。

高校3年になり、大学受験となり生活が不規則になり勉強中心の生活となり

夜遅くまで起きて睡眠時間も削るようになりました。

それで、次第にお腹の調子も悪くなっていきました。

そしてふたたび便秘という状態に戻っていきました。

 

そして、大学受験を失敗し浪人することになりました。

そのころには、お腹の調子が悪く午前中から、授業を受けるということも難しくなってました。

下剤の調子がよくなく下痢をするようになってました。

それで夜授業のある予備校に通うようになりました。

そのことが不規則な夜型の生活になり、このことがかえって下剤の調整をうまくいかなくなり、

しまいには、一日に60回くらいトイレに行くようになり、大学受験どころではなくなってました。

 

それで大腸肛門科の専門の病院に通院しました。

先生は、下剤をやめるようにきつく言われ点滴と自律神経の治療のため注射を打ちました。

その時初めて過敏性腸症候群という病名が付きました。

30年近く通いましたが、下剤を止めることができずにいました。

 

ある時交通事故に遭い手術をしなければならなくなり血液検査の結果腎臓が悪くなっており

下剤による物だと腎臓内科の先生に言われ止めないと命に関わると言われました。

それで入院中必死でやめました。

そこまで深刻な状態になっているとは、思わなかったからです。

止めて他のことでどうにかするということを心かけたら自然と便秘も治り過敏性腸症候群も治りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL