過敏性腸症候群と便秘

今回は、新たな国民病といわれる

過敏性腸症候群と便秘について、お話します。

 

成人における有病率は10から15パーセント、

平均で12.5パーセントとなっており、

患者数は約1,200万人といわれています。

 

従来からストレスが原因で起こる病気であるとされ、

なかなか治りにくい病気であるとされていましたが、

最近、病気の解明がすすみ、新たな治療法が広がってきています。

 

ストレス説、内臓知覚過敏説、食物アレルギー説、

腸捻転説、細菌による腸管炎症説など、

さまざまな説があります。

 

従来からいわれているのがストレス説で、

ストレスが原因で消化管の運動機能が障害されて、

便秘や下痢が生じるという説です。

 

しかし、同じストレスでも症状が出る人と出ない人がいたり、

また同じ人でも症状が出たり出なかったりするので、

実のところストレス説についてはよくわかっていないです。

 

お医者様によっては、抗不安薬や精神安定薬などの

向精神薬を処方する場合もありますが、

この薬物治療は、必ずしも有効ではない時が多々ございます。

 

過敏性腸症候群は、電車やバスに乗っていて

直ぐにトイレに行けない状況にあると症状が悪化します。

いろいろなストレスや緊張なども悪化要因となります。

 

朝、出かけるときに便秘、下痢あるいは腹痛の症状があり、

夕方、帰宅するときには症状がないか、もしくは軽くなっているのが、

過敏性腸症候群の特徴です。

 

眠っているときや休日には、一般的には症状はでないとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL