便秘とガスに悩まされる過敏性腸症候群

腹痛、腹部が張った感じ、

お腹がゴロゴロなるといった腹部の不快感があり、

便秘や下痢をすることが日常的に続く病気を

過敏性腸症候群といいます。

 

突然、キリキリと差し込むような痛みを感じることもあれば、

弱い痛みが続くこともあります。

大抵の場合、腹痛は便意と共に起こり、排便すると楽になります。

食事を摂った後に腹痛が起こることがよくあります。

 

過敏性腸症候群の患者には、下痢になる人、便秘になる人、

下痢と便秘を繰り返す人がいます。

ガスが頻繁に出るという症状を持つ人も多いです。

 

命に関わる病気ではないものの、腹痛と便意、

ガスが出るという症状のため、精神的負担が大きいのが特徴です。

 

過敏性腸症候群の症状を軽くするには、生活習慣を整えることが重要です。

食生活が偏っていたり、睡眠時間が短かったり、

働き過ぎで疲労がたまっていたり、ストレスを発散することができていないと、

過敏性腸症候群が悪化する可能性があります。

 

バランスの取れた食事を摂り、睡眠の質を高め、

リラックスできる時間を増やすことは、症状を軽くするのに有効です。

 

アルコール類や辛い物など刺激の強い食べ物は、

症状を悪化させるので控えたほうが良いでしょう。

 

乳酸菌や食物繊維が豊富に含まれている食品を積極的に摂るようにしてください。

仕事中や授業中、電車の中などで便意をもよおすことが多い人は、

精神的に参ってしまうことがあります。

日常生活に支障が出ている場合は、病院に行って、

薬物療法や精神療法を受けることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL