なんだかずっと不快感があった・・原因は過敏性腸症候群

子供が保育園の時に今の会社のパートのCADオペレーターとして働き始めました。

何年か経ったときリーマショックの波に押され、わが社も人員整理が始まりました。

幸いにもパートでありながら継続できることにはなったのですが、

配置転換で総務・経理部に。

右も左も分からず無我夢中で仕事をしていると

やがて正社員に登用していただけることになりました。

 

パート勤務の時は始業時間が9時からだったので

少しゆっくりする時間もあり子供を送り出してから片づけをし、

ゆっくりトイレに行く時間もあったので便秘知らずで過ごしてきましたが

正社員は出勤時間が8時からですのでバタバタと毎朝忙しく、

だんだんと便秘しやすい体になっていきました。

 

そうして1~2年ぐらい経ったころからおなかの調子が悪くなってきました。

下痢と便秘を繰り返したり、おなかが張って苦しくて身体も熱っぽくなってずっとだるいのです。

そしてずっとおなかに不快感があり、何をしても良くならないのです。

座っているのも苦痛でガスも溜まっているようでしかもオナラが異様なにおいがしてきました。

 

どこかおかしいと思っていると、子供の学校の懇談会で

先生方と話をしていると急に胃の付近が痛くなりました。

【アレ・・なんだろう】

と思って話を聞いているとだんだん痛みが増してきて差し込むように痛み出し、

汗がにじみ出てきました。

 

懇談会が終わって急いで病院に行って事情を話すと病院の先生が

【過敏性腸症候群ですね。しかもその痛みは胃ではなくて腸がけいれんしているからですよ】

と言われました。

 

そんな病名を聞いたことがなかったので調べてみたら今までの自分の症状にピッタリ当てはまりました。

薬を処方してもらい何日か飲んでいると痛みは治まりましたが、今なお便秘薬を手放せない状況です。

 

便秘薬を飲んでいても環境が変わるとすぐに便秘をして苦しくなります。

念のため大腸の内視鏡検査も受けてみました。

大腸にはポリープが2個ありましたががんではないとの事でホッとしています。

 

環境の変化に対応できないので旅行や長期の外出時には心配もあるのですが、

それを気にしてどこも行けないとなると返ってストレスを感じると思い、

今では趣味の登山に積極的に出かけています。

もちろん山にはトイレがなく便秘症の私は次の日にはおなかが張って苦しいのですが

下山後に調整して食事や水分をコントロールしてリフレッシュしています。

 

すぐに状況が良くなる病気ではないとはいえ、

やはりストレスが一番の敵だと思っているので上手に付き合っていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL