乳糖不耐症による下痢

乳糖不耐症とは、

先天的に乳糖分解酵素がない場合と、

急性胃腸炎などのあと酵素の働きが

弱まってしまう後天的な場合に症状があらわれます。

ほとんどが後天的なものとされています。

 

本来なら、ミルクや牛乳に含まれている乳糖は、

酵素によって小腸でグルコースとガラクトースという

吸収されやすい糖に分解されて、初めて体に吸収されます。

 

この乳糖を分解できず、下痢をしてしまうのが、

乳糖不耐症といえます。

牛乳アレルギーとは違うものです。

 

乳糖分解酵素がなかったり不足した状態になったりすると、

乳糖が吸収されず、そのまま大腸に送られて、

細菌の作用で発酵します。

その結果、水分が多く、乳糖の発酵でできた

有機酸やガスをたくさん含む下痢便となるのです。

 

乳糖分解酵素は幼児期には体内で十分に作られますが、

成長して乳糖の摂取が減少するにしたがって、作られる量が減っていきます。

その結果、幼い時よりも、大きくなってからの方が、

牛乳などの乳糖を含む食品を食べたり飲んだりすると、

下痢や腹痛を起こす人が出てくるようになるのです。

 

症状としては、乳糖を含む飲食物を取ると、

水様性の下痢とともに、ガスの発生によって

お腹が張ってゴロゴロ鳴り、腹痛または嘔吐などが起こります。

 

治療には、原因となる乳糖を飲食物から取り除くことが原則です。

年長児や成人であれば、牛乳を飲む時に、

乳糖を分解処理した製品を選ぶことも有効です。

 

また、牛乳であれば、ゆっくり飲んだり、少しずつ飲んだり、

温めて飲んだり、自分はどんな飲み方ならば、

症状が出にくいのかを見極めてみてください。

 

乳糖が一部分解されているヨーグルトなどや、

乳糖がほとんど取り除かれているチーズなどを摂取することで

腸内環境を日頃から整えることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL