下痢対策の食べ物とゴボウについて

過敏性腸症候群は、

成人女性等に多くある症状になります。

 

この症状としては下痢や便秘が交代するようになりますが、

ストレス等に対して腹痛やけいれん等症状が出てくるようになります。

こうしてストレスなどにより消化器中でセロトニンが増えていくようになり、

大腸の運動が活発になり下痢の症状を起こすようになります。

 

またストレスが増大していくことにより、症状が重くなることが特色になります。

こうした下痢対策としては色々な方法があります。

 

食べ物や飲み物の中には、下痢の症状が緩和するようになり、

腸を回復させることができるものもあります。

食べ物に関しては、症状が悪化させやすい食べ物があるので

注意をすることが必要になります。

 

ゴボウ等の繊維のかたい食品については、

消化や腸管を刺激することで下痢の症状を悪化させることになり、

消化の悪いものや刺激物、つめたい物等は避けるようにすることが必要になります。

 

ごぼうやアーモンド、玄米などの不溶性の植物繊維は水分に溶けないので、

胃腸で消化吸収されないことになります。

こうした食物繊維の刺激が加わることにより、腸のぜん動運動が急速に早まるようになり

症状が悪化することになるので、避けることが必要になります。

 

良い対策としては、りんごやバナナ等の水溶性食物繊維により

腸内の環境を整えるようにすることが必要になります。

またストレスが腸には一番よくないので、ストレスをためないようにすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL