ビールを飲んだだけで下痢してしまう

あまり綺麗な話ではありませんが、

世の中にはビールを飲んだだけで下痢をしてしまう人がいます。

 

これは多くの場合「過敏性腸症候群」が原因しているのですが、

男性の中にはあまり腸のことを気にしないまま飲み続けてしまう人が多いので、

気づかないまま苦労してしまいがちなのです。

 

過敏性腸症候群になると、その人の体調や気分がその日の腸によってさだまるようになってきます。

つまり、寝しなにものをたくさん食べたり飲んだりすると、体調が悪くなってしまい、

その日の腸の様相によって鬱になってしまったりするのです。

 

過敏性腸症候群によって鬱病になる人も実際にいるので、

「最近ビールを飲んだだけで下痢してしまうし、気分も鬱っぽい」という方は、

まず胃腸を労ることを覚えましょう。

 

過敏性腸症候群は、名前の通り少しの刺激にも過敏になってしまう症状なので、

刺激を与えないようにすることが重要です。

また、過敏性腸症候群の原因の八割は「睡眠不足」にあるので、

多忙な方はちゃんと毎晩6時間以上は眠るようにし、

消化不良にならないように気をつけるようにしましょう。

 

また、薬に関してですが、あまりにも腸が弱い人は薬にも敏感になってしまいがちです。

強い薬を飲むと逆効果になる場合も多いので、なるべく胃に優しいものを使うことで腸を守るようにしましょう。

また、冷たい飲み物も熱い飲み物も腸にとっては「害」でしかないので、

飲み物は常温で飲むことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL