ウコンの下痢対策

ウコンに含まれている、クルクミンという成分は

アセトアルデヒドを排出してくれる

胆汁の分泌を活発にしてくれるため、

体内からアセトアルデヒドをなくす効果があり、

二日酔いなどを防ぐ効果があります。

 

また、クルクミンは肝臓を強化する作用があり、

アルコールなどによる悪影響を軽減してくれます。

特に肝臓に関しては、自覚症状が少ない臓器である為、

様々な病気を防ぐためにもウコンを効率よく摂取する事により

健康増進につなげることが大切です。

 

他にも、殺菌や抗菌作用や抗炎症作用によって胃炎を抑制したり、

胃や十二指腸潰瘍の原因とされるピロリ菌の増殖などを防ぐといった様々な効果があります。

肝臓の機能が良くなることで、眼にも栄養が供給され疲れ眼の解消や視力の回復にもつながり、

疲れなどの症状も改善します。

 

ウコンはショウガ科の多年草で、約500年ほど前に伝来し、

当時は肝臓病に効く薬草として重宝されており、

使用されている部分は根茎とよばれる根っこの部分です。

 

ウコンは、生薬ならではの特徴を有したものであり、幅広い効能が期待でき尚且つ、

自然由来のものなので副作用の心配がほとんどなく安心して、体に取り入れることができます。

しかし、体質によっては一時的に下痢などの症状が表れるため下痢対策が大切となっています。

故に、ウコンは健康促進に効果があるからといって、急激に摂取する事は好ましくない為、

決められた量を定期的に摂取する事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL