ついにやってしまった・・・

過敏性腸症候群の下痢型になり、4年が経ちました。

最近下痢が、少し落ち着いたなと思った矢先の出来事です。

おならと一緒に漏らしてしまいました。

 

たまに、トイレでおならをしたときに水様性の便が出てしまうことがあったので、

おならが出そうなときでちょっと危ないなと感じたときはトイレでおならをするようにしていたのですが、

漏らしてしまいました。

過敏性腸症候群になってから漏らしたのは、初めてです。

 

「あぁ、とうとう漏らしてしまった…」

となんだか悲観的な気分になってしまいました。

過敏性腸症候群の人は、便を漏らす人もいるようなので

そこまで悲観的にならなくてもいいのかなと思いつつも、

やっぱり心の中では、凄く悲しくて情けない気分です。

 

漏らしてからは、おならが出そうになる度に不安になるし、出かけるのも怖くなりました。

また、引きこもりがちにもなってしまいました。

 

「オムツを持ち歩いている人もいるようなので、自分も持ち歩いたほうがいいのではないだろうか…」

とも思いオムツを持ち歩こうとも考えましたが、

やはり、オムツを常に持ち歩くのも情けないしと思いずっとぐずぐずしていました。

 

でも、やはり外出は不安なので、代えの下着や衣類を持ち歩くようにして出かけるようにしました。

それでも、不安は軽減することはないです。

 

そんなことでは、外出も通院も出来ないので、外出前は薬と服用に必要な水分のみを摂取し出かけています。

本当は、こんなことではいけないのでしょうが、そうしないと不安で出かけることが出来ません。

 

医師に現状を話すと強い薬に変更しようかと言われますが、その薬が効かなくなってしまったら、

次にもっと効く薬はあるのだろうかなど余計なことを考えてしまいます。

そういった不安からのストレスで、過敏性腸症候群が悪化しているんでしょうが、

自分ではどうしたらいいのかわかりません。

 

精神科と内科の両方で診察をして貰っていますが、症状は改善されません。

本当なら過敏性腸症候群に詳しい医師がいるところに行くべきなのかもしれませんが、

近くには詳しい医師や病院がありません。

 

今、過敏性腸症候群の患者は増えていると、メディアで取り上げられていました。

私のほかにもっとたくさんの人が悩んでいるということです。

過敏性腸症候群に詳しい医師や、専門的に診察をしてくれる病院が増えるといいです。

また、テレビやネット上でもっと話題にして、

世の中の人が過敏性腸症候群に理解を示してくれるといいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL