過敏性腸症候群の起こりやすい年齢

近年、日本国内においては

慢性的な胃腸の不調に悩んでいる人が

増加しています。

 

胃腸の疾患の中には胃がんや大腸がんのように

生命の危険が及ぶものがあるために、

長期間にわたって不調を感じている場合には

検査体制の整っている医療機関を受診することが有効です。

 

ただし、検査を行ったにもかかわらず全く原因が分からないケースも数多くあります。

そうした場合には主治医から過敏性腸症候群と診断されることがあります。

 

過敏性腸症候群の起こりやすい年齢は

10代後半から30代の若年層となっており、

仕事や学業、恋愛のストレスなどが起因しているといわれています。

 

過敏性腸症候群には主にガス型や便秘型、下痢型などのタイプがあり、

これらが後退して起こることもあります。

そのため、症状が長引いている場合には社会生活を送ることも難しくなるために、

積極的に改善策を試してみることが勧められています。

 

過敏性腸症候群の特効薬は今のところで周っていないものの、

胃腸の動きを促進する薬や胃酸を抑える薬などを

上手く併用することが行われています。

また、この疾患はストレスによっても憎悪するために、

毎日できるかぎりストレスをためないように生活を贈ることが勧められています。

 

過敏性腸症候群は内視鏡検査などを行っていても

具体的な病変が確認できないことがほとんどであるために、

医師と患者の双方が治療に苦労することでも知られています。

そのため、患者にとっては医師の指示に従って

薬を飲み続けることはもちろん、いろいろな改善策を試す価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL