過敏性腸症候群の特徴とタイプ

過敏性腸症候群は、

腹痛や腹部不快感を伴う

下痢や便秘等の便通異常が

何度も繰り返される疾患の事を指します。

 

実は過敏性腸症候群は現代社会に急増している病気の一つであり、

健康な体にも突然症状が出る場合があります。

それは腸と脳の密接な関係にあります。

脳が不安やストレスを感じると腸へ信号が伝わり、便通異常を引き起こします。

ストレスが原因で慢性的な腹部違和感には様々な症状が出ます。

腹部には、腹痛・下痢便秘・おなかが張る・ガス症状や

おなかがゴロゴロする・残便感等の症状が出ます。

その他には、不眠やうつ等の精神症状、

頭痛めまい全身の疲労感を伴う全身性症状、

吐き気や食欲不振等の消化器症状が見られます。

 

日本人の5人に1人が当てはまると推定されるほど、一般的な疾患です。

比較的若年例に見られる事が多く、

症状が強くなると電車や車の移動中にもトイレに行きたくなるため、

学校に行けなくなったり、外出を控えるようになるため、

生活の質を低下させてしまう場合もあります。

 

過敏性腸症候群は症状によってタイプに分類されます。

それは下痢型・便秘型・混合型の3タイプあります。

 

下痢型は男性に多く、形の無い水の様な便です。

便秘型は硬くて短く固まった便です。

混合型は下痢型と便秘型のどちらも当てはまり、便の形が時として変わります。

自己流の対処を続けるだけでは治らない病気なので、

症状をよく観察し医療機関で適切な診察と治療を受ける事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL