20年前に発症した過敏性腸症候群の経験

私は約20年前、大学生の頃に発症しました。

時期は定期試験の前からで、下痢型でした。

最高で1時間に11回、つまり5分に1回、激しい便意に襲われました。

このままでは次々にくる試験をのりきれないと思い、内科を受診したところ、

過敏性腸症候群と診断されました。

 

治療ですが、先生によると「水分を吸収してゲル化してくれる、いい薬がちょうど出た」

とのことで処方してもらいました。

当時はちゃんと認識していませんでしたが、高分子重合体のことだったと思います。

 

実際、かなり効果がありました。

そして、医学的な効果を認識した後は、心理的にも効果があったと思います。

しばらくは、不安で電車やバスにも乗れませんでしたが、

良く効く薬を持っている、という安心感から乗り物に乗れるようになりました。

 

その後の経過ですが、現在は病院にかかっておらず、市販薬も飲んでおりません。

ただ、一般の人よりお腹がゆるい状態は続いています。

腸に対する一定以上の刺激が誘因となるようで、1日3回、毎食後に必ず大便にいきます。

よって、外食はあまりせず、近くに利用できるトイレがある状態で食事は取ります。

しかし、それほど深刻にはとらえておらず、便秘の人より健康的ですし、

トイレで本を読む時間も増えて良かったぐらいに思っています。

 

先日、久々に、昔のような激しい下痢に見舞われました。

発表がある前の晩に、10回ほどトイレに駆け込みました。

最近は、軽い下痢はあったものの、これだけ激しい症状は長らくなかったことです。

食事による腸への刺激以外に、やはりストレスが関係しているようです。

その時は、外出先のホテルで、手元に薬もありませんでした。

原因はストレスですが、腸はいつもより過敏になっており、

食べる刺激から一気に激しい下痢に発展することもありえます。

 

こういう時の私の対処法ですが、次の日は、水分は少な目、

食事は乾燥した固形の栄養食品のみにします。

具体的にはカロリーメイトです。

これで、今まで何度か乗り切ってきた経験があり、

今回は少し危なかったのですが乗り切ることができました。

 

過敏性腸症候群は、病気というより、そういう体の状態です。

つまり、ストレスに弱い自分の性質や、刺激を受けると腸が過剰に働く状態などが、

複雑に関与していると思います。

自分で対処する前に、一度は内科を受診することをお勧めいたします。

薬自体の効果も高く、また薬を持っているという心理的な効果もかなりあるものです。

 

そして、その後は一生薬を飲み続けるという選択もあると思いますが、

気の持ちようと、経験的な対処法で付き合っていくというやり方もあると思います。

私の体験が、過敏性腸症候群で悩んでいる人の助けに、少しでもなれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL