過敏性腸症候群はある程度は一生のお付き合い

幼稚園や小学校に通っていた頃は、特に何も症状はありませんでした。

私は幼い頃はずっと関東地方に住んでいました。

そして、中学に進学すると同時に東北に引越しをしました。

関東と東北のあまりの気温の違いに、最初の10日間位、体調を崩してしまいました。

 

1990年代といえば、まだエアコンがリビングにしかない時代です。

ですので、毎朝のように下痢になるのは、夜を慣れない寒い自室で、

冬以外は暖房なしで過ごしているからだと、当時私は考えていました。

 

ただ、私以外の家族は、すぐに東北の気候に慣れていくのに対して、

私の毎朝お腹の調子が悪くなるのは、まったく治りませんでした。

学校でもしょっちゅう下痢になり、からかわれないように先生用のトイレを借りる事もありました。

 

昔は「過敏性腸症候群」という言葉はほとんど知られておらず、

私も家族も当然この病気の事を知りませんでした。

なので、私は単純に環境と体質のせいだと思っていました。

 

あの頃はまだ学生で、通学手段もバス。

しかもそのバスは、私が通っていた女子中学高校(一貫)が始発終点のバスだったので、

生徒や学校関係者以外の人はあまり乗りません。

そのため、緊張する事なく、楽しくおしゃべりしながら通学できたためか、

途中で下痢になる事はほとんどありませんでした。

 

高校何年生の時だったか、またお腹をこわし、いつものように先生用のトイレを借りるため、

保健室へ許可を取りに行き、トイレが済んでからまた保健室へ戻ると、

その頃新しく入ってきた保健室の先生が

「『過敏性腸症候群』とか、病院で言われた事ある?」と私に尋ねました。

「ううん」「病院行く機会があったら、尋ねてみるといいよ」「うん、ありがと」

これが「過敏性腸症候群」という言葉を初めて聞いた日でした。

 

家に帰って母にこの事を告げましたが、今のようにインターネットのない時代ですので、

この病気について調べる事も出来ず、

ふんわりと「私は過敏なんとかっていう症状かもしれない」と思うだけで終わり、

そして日々は過ぎて私は高校を卒業をしました。

 

親元を離れ、東京の大学に入り、私は生まれて初めて電車通学をするようになりました。

使う駅は、池袋と渋谷というどちらも大きな駅。

通学路は勝手を知らない賑やかな土地。

東京は関東なのにも関わらず、私の症状は悪化せずとも変わりませんでしたので、

この症状が今度の新しい生活に響いてくるようになりました。

 

1年の夏休みに実家に戻り、親に相談し、病院で診てもらいました。

「過敏性腸症候群」だろうと言われました。

私は休学し実家に戻り、大きな病院に入院し、断食療法を受けました。

だいぶ昔の事なので、はっきりしませんが、1週間から10日間くらいのもので、短く、

特に薬を飲まされる事もありませんでした。

 

あれから、20年程経ちました。

断食によって完治をしたなんて事にはなりませんでした。

他の人はどうか分かりませんが、私の場合は、10代の時の苦しみが半減されたくらいです。

でも、あの苦しみをお知りの方には、「半減」がどれだけ大きい事か分かると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL