過敏性腸症候群の発症とその後

私が過敏性腸症候群を発症したのは大学3年生の春のことです。

ある資格の勉強をしていて、すごくストレスがたまっている時期でした。

毎日、一日中勉強をし、お金もなかったのでおにぎりとパンばかり食べていました。

栄養なんて考えずに、かなり偏った食生活を送っていたと思います。

 

もともと、下痢はほとんどしない体質でだったのですが、急に下痢をするようになりました。

水下痢がひどく、短時間の間に何度ももトイレに駆け込むような状況でした。

ただの風邪だろうと思ったのですが、何を食べてもお腹を下してしまうのです。

どうしようもないので、内科に行き診察を受けた結果、過敏性腸症候群と診断されました。

 

薬を処方してもらい飲み始めましたが、2週間くらいは食後に下痢をする生活でした。

ものを食べると下痢をしてしまうので、消化にいいすりおろしたりんごや、

くたくたに煮込んだうどん、おかゆなどを食べていました。

また、一度に食べる量を減らし、なるべく胃腸に刺激を与えないようにしていました。

ポカリスエットなどで水分補給することも心がけていました。

 

2週間すぎたあたりから、下痢が軽くなってきたので、食事をもとにもどしていきました。

下痢のひどい症状は治りましたが、その後もストレスで体調不良が続き、

結局、試験勉強から一時的に離れ、休養することで、お腹の不調がだいぶよくなりました。

 

現在、当時から5年以上たっていますが、ストレスが続くと下痢をすることがあります。

朝の通勤電車や、午前中に急にお腹が痛くなることが多いです。

何も食べられなくなるほどひどくはならないので、そういう時期は身体を休めて、食事の量を減らし、

消化にいい物を食べるように気をつけています。

 

油物、アルコールは禁止です。

食べると必ず、お腹を壊します。

また、胃腸の様子がおかしくなってくると、おへその右横あたりがチクチク痛むので、

そういうサインが出たときは、ストレスを発散することを心がけています。

 

睡眠もたっぷりとるようにしています。

だいたい6時間以上の睡眠をとるようにしていると、お腹の調子がよくなります。

なるべくストレスを溜めない生活をするのが1番だとは思っていますが、それもなかなか難しいです。

変にお腹の調子を気にし過ぎると、お腹を壊す回数も増える気がするので、

意識しすぎないことも大事だと感じています。

 

私の場合、ストレスが原因だとわかっているので、

体質だとあきらめ、あまり深く悩み過ぎずに付き合っていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL