過敏性腸症候群の悩み

私は以前から過敏性腸症候群の症状に悩まされています。

初めて症状が出たのは20歳の頃で丁度就職したばかりの時期でした。

慣れない職場環境のせいもあってストレスが溜まりやすくなったのが原因だったと思います。

 

最初は便秘の症状が出るようになりお腹が張っているような感覚に悩まされました。

しかしある日便秘から今度は下痢を起こすようになり、

それからはご飯を食べるとすぐ下痢をしてしまうようにもなりました。

 

さらに症状は悪化して突然の腹痛や便秘と下痢を交互に繰り返すようになり

病院で診てもらったのですが異常が無いと言われるだけでした。

 

その後も病院を転々として症状が出てからようやく過敏性腸症候群と診断されました。

しかし過敏性腸症候群は精神的なストレスや緊張が原因なので

そこを解決することが重要と言われたのですが、どう解決していいのか自分ではよくわかりませんでした。

 

確かに職場ではストレスはあるものの仕事内容に関しては悪いわけではなく、

むしろ自分に合っていたので職場を変える気はありませんでした。

 

さらにストレス発散を心がけるようにとも言われましたが、

趣味も無くスポーツも苦手だった私にとってストレスの発散方法も見つけるのが非常に難しいことでした。

しかし何もしなければ当然症状も悪化していくだけですし、特に困ったのは仕事中の腹痛と便意でした。

 

仕事の内容は食品関係の製造で基本的にライン作業だったので

途中でトイレに行くのが困難な場合もありそんな時にはとても苦痛でした。

 

たまに私の顔色の悪さから近くにいた同僚が気づいて声をかけてくれることもありましたが、

その時は本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになったので辛かったです。

 

このままでは良くないと思い自分なりに休みの日に軽く散歩に出かけたり、

スポーツをしたりなど出来る範囲心がけるようにしました。

症状は以前に比べると改善したようにも思えますが、

忘れた頃に突然また症状が出てくることもまだあります。

 

過敏性腸症候群は普通の病気とは違い精神的なものからくる症状なので

出来るだけストレスや精神的疲労を溜め込まないように注意していかなくてはいけません。

 

また市販の便秘薬や下痢止めでは私はあまり効果が出なかったので

薬に頼ることも出来ないのでとても厄介なものだと思います。

精神的な問題で身体的症状が出るとは思ってもいなかったことなので

最初はどうしていいのか分からないこともありましたが、

症状を緩和させるためにも今後も気をつけていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL