過敏性腸症候群に悩まされた、学生時代の思い出

たしか中学生くらいから、過敏性腸症候群に悩まされ続けてきたと思います。

便秘と下痢を繰り返す厄介なタイプで、

貴重な青春時代をこのせいで無駄にしたこともあります。

 

いつもはガッチガチの便秘症のくせに、急に下痢の波がやってくるのです。

しかも、思春期の女の子ですから、先生にトイレに行ってきますとはなかなか言い出しにくく、

本当に大変な思いをしました。

 

通学途中のバスや電車で襲われることも多く、そんな時はまさに、遅刻覚悟の「各駅停車」。

トイレがついている車両のこともありましたが、それは利用しませんでした。

なにせ便秘のあとの下痢のため、一度に長時間頑張る必要があるので、

降車してゆっくり臨んだ方が落ち着けるからです。

そのせいで、単位を落としかけたこともあるくらいです。

 

通学中の腹痛も、高校生まではなんとか学校まで我慢するようにしていたのですが、

ある事件をきっかけに、無理せず各駅停車をする方向に変えました。

 

一度、腹痛で通学バスの中で倒れたことがあるのです。

 

その日は、バスに乗るまではいつも通りの体調だったのですが、

道のりの半分が過ぎた頃、急に腹痛が走りました。

これはいつものやつだ、と思って、なんとか心を落ち着けて、

全然関係ないことを考えるように心がけて、やり過ごそうと頑張りました。

でも、きっとそれ以外にも体調が悪かったのでしょうね、

目的地に着いて、立ち上がったところで、サーッと頭の血の気が引いて、

床に倒れ込んでしまったのです。

 

不幸中の幸い、終点で降りるはずだったので、

他の乗客に大きな迷惑をかけることは無かったのですが、

なにせ通学に使うバスですから、同じ高校に通う生徒がわんさかいるのです。

 

その中にいたクラスメイトが、タクシーを拾ってくれ、

病院に行く手配までしてくれたので何とか助かりましたが、

その翌日から私はクラス中で病弱女子扱い。

もちろん、トイレ関係の腹痛だったということは必死に隠し通しましたが。

 

それ以来、お腹が痛くなったらすぐ降りる!を心がけているので、

遅刻常習犯にはなりましたが、人に迷惑をかけるようなことはなくなりました。

担任にだけは過敏性腸症候群だということを説明したので、

ひどく怒られることはありませんでしたが、必要以上の気遣いで、申し訳なくなることもありました。

 

大人になってからは、自分のタイミングでトイレにも行けますし、

周りも理解のある人ばかりで助かっています。

ただやはり、腹痛はつらいですし、お尻の調子も悪くなるので、治せるものなら治したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL