過敏性大腸症候群はストレスが原因

過敏性大腸症候群はストレスが原因で突然下痢の症状が発生してしまいます。

私も仕事の会議中やお客様との接客中に過敏性大腸症候群になり

冷や汗が出てトイレに駆け込むことがたまにあります。

 

強いストレスを感じると発症する病気なので過敏性大腸症候群に苦しめられている人は多いと思います。

 

車の運転中に過敏性大腸症候群を発症したことがあるのですが、

近くにトイレもなく大変苦しい思いを経験したことがあります。

ストレスからくる病気なので精密検査を受けても異常は出てきません。

精神的な病と思います。

 

症状が出てきた場合、我慢してしまうと余計に苦しくなるので

トイレにすぐに行くことが大事なことだと思います。

 

過敏性大腸症候群を防ぐ方法としては、ストレスを溜め込まず上手に発散することが大切です。

自分の心の中が空っぽになるような趣味があれば1番だと思います。

適度な運動もストレス解消になり、体の調子も整えてくれます。

 

私は毎日3キロウォーキングをしているのですが、

これだけでも体の調子が整えられてストレスを緩和できます。

 

食べ物にも私は気を使っています。

乳製品を積極的に取り入れて腸の環境を良くしています。

不思議なことに会社が終わると症状が出ることはあまりありません。

私生活で症状が出ることはほとんどないので、

仕事中や外出先などは症状が出ないように心がけています。

 

私はいつも下痢止めを持ち歩いていて症状がでてきた場合に服用すると効果があります。

薬を持ち歩いているだけで安心感もでてきますので、精神的にも落ち着くと思います。

 

下痢の症状が頻繁に続くと脱水症状にもなるので、水分補給はマメにしたほうがいいと思います。

あまり症状が続く場合は大きな病気を疑ったほうがいいと思います。

 

過敏性大腸症候群の症状は長くても1日で収まるので、

2日間下痢の症状が続く場合は他の大きな病気の可能性もあるので検査をしたほうが良いと思います。

私もウイルス性の胃腸炎を起こしたことがあり、過敏性大腸症候群と勘違いして、

放置していた経験があり症状が長引いてしまった経験があります。

 

過敏性大腸症候群は精神的なストレスからくるので

普段から深呼吸をして気持ちを落ち着かせることが大切だと思います。

自分で気持ちをコントロールできたら症状も緩和されてきます。

 

不安な気持ちイライラする時には1回深呼吸してみると静まる事が多いのです。

呼吸が乱れている時にお腹が痛くなったりするので呼吸法は大切です。

過敏性大腸症候群で苦しんでいる人は、ゆっくりと呼吸することで緩和されてくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL