生活に支障が出だすまで放置は危険

中学生の頃過敏性腸症候群になりました。

私立の中学に通う事になり、環境がとても変わったのでその頃から体調に変化が見られました。

 

最初はガスがとても溜まるようになりました。

でも学校では恥ずかしいので出せるはずもなく毎日お腹が張ってとても苦しかったです。

ご飯食べるのもしんどいくらいお腹がはっていた時もありました。

その苦しさがしんどいので学校に行く前や帰ってきてからトイレにこもり

次の昼にはしんどくならないように踏ん張っていました。

しかし、出したい時に出せなくて溜まっていったガスを無理に出そうとしても

なかなか思うように出てくれませんでした。

 

また学校でお腹が張って苦しくなったらどうしようと不安になり

朝はギリギリまでトイレにいたのでいつも遅刻しそうでした。

もちろんガスが溜まっていたので便秘にもなっておりお腹が破裂するんじゃないかとさえ思ったこともありました。

あまりにしんどいので週末に便秘薬を飲んで無理やり出したりしました。

すると次はお腹がゆるくなってきて下痢に悩まされていきました。

 

家を出る前はずっとお腹が痛くて下痢止めを飲み常に持ち歩くようになりました。

下痢になってもガスはたまり、お腹は張るし痛いしで辛かったです。

最初は我慢できる痛みだったのですが徐々に痛みは増していきました。

もちろん波があるのでいつもよりマシだなと思う時もありましたが朝はだいたい痛くて苦しんでいました。

 

朝からとても体調が悪くいつも以上にお腹が痛い日がありました。

しかし、遅刻できないので家を出たのですが途中下車してしまいました。

お腹が痛すぎてトイレに駆け込んだのです。

なかなかトイレから出れなくて結局遅刻してしまいました。

 

その日以来電車に乗るのがとても恐くなりました。

途中下車してもいいようにいつもより早く起きるようにし、朝の時間が今まで以上にバタバタするようになりました。

そしてまたいつあの痛みに襲われるかという恐怖とストレスで遂に電車に乗る事が出来なくなりました。

 

そこで初めて病院を受診しました。

するとストレスから自律神経も乱れており、腸の調子も悪くなり過敏性腸症候群だと診断されました。

すぐによくなるといった病気ではないので今まで苦しんだ時間分はかかると思って

気長に付き合っていくように言われました。

結局薬を飲んで半年ほどで電車に乗れるようになりお腹の不調がなくなるまで3年ほどかかったと思います。

すごく長くて苦しかったのでなんでもっと早く病院に行かなかったのかと後悔しました。

もし、苦しんでいる人がいたらすぐ病院に行って欲しいと思います。

必ず良くなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL