ストレスから過敏性腸症候群に

私は4年ほど前にガス型の過敏性腸症候群になりました。

最初はストレスからの軽い胃炎だったのですが、

そのうち腰より少し上の背中や左胸の下辺りに

「ジーン…ジーン…」という断続的な感覚が出てきました。

痺れとも少し違うような、かといって痛みでもないような感じです。

 

また、下腹部の不快感がひどくなり、キツいわけでもない

下着のゴムが嫌でたまらずに腰まである深ばきの下着に変えました。

この不快感からイライラすることも多くなりました。

 

それまでもストレスからの軽い胃炎は何度か経験がありましたが、

初めての感覚だったので不安になり病院へ行きました。

病院では問診のみで、「胃炎でしょう。」と言われ胃薬と整腸剤が処方されました。

しかし、何度通っても一向に良くなりません。

 

治らない不安のせいもあるのか、胃の痛みもあまり改善せず、

食欲も減り体重もだいぶ落ちてしまって周りにも心配されたため、

別の病院へ通うことにしました。

 

新たに行った病院では、胃炎よりもその他の違和感についてきちんと話を聞いてくださり、

触診でお腹を見ていただいたところ「胃炎もあるだろうけれど、腸にガスが溜まっているみたいです。

過敏性腸症候群だと思います。」と言われ、ガスを出しやすくする薬が処方されました。

薬を飲み続けて1週間ほどすると下腹部の不快感はなくなって、次第にジーンという感覚もなくなりました。

 

私の場合は、比較的軽い症状だったようで長く通院することはありませんでしたが、

日ごろの生活でストレスを感じることが多く、

今もたまにジーンとしていた部分、特に背中側に違和感を覚えることがあります。

 

以前ほどではありませんがガスも溜まりやすくなっているようで、

しゃがんだり走ったりしたはずみでオナラが出てしまうこともしばしばです。

今のところ、人前ではそういったことはないのですが、家族の前で出てしまうことがあり、

家族とはいえちょっと恥ずかしい思いをしています。

 

人前で粗相してしまった時のことを考えると不安ですが、

それもまたストレスにつながってしまうといけないので、

あまり気にしないように心掛けたいです。

 

なるべくガスが溜まらないよう食事にも気をつけて、

野菜を多く食べたり、ヨーグルトなどの腸によさそうな物を摂るようにしています。

育ち盛りの子どもがいて、どうしても油ものやお肉が多くなることもあるので、

無理をせずできる範囲で気をつけています。

 

ストレスを感じることが一番いけないのだとは思いますが、

できるだけ溜めないように心掛けて、運動などでストレス解消をして過ごすようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL