もう腹痛に悩まない!過敏性腸症候群は治ります。

中学二年の時に急にお腹が痛くなるようになりました。

私の場合は水下痢になるタイプだったので

出してしまえば少しはましになるのですが授業中に痛くなると恥ずかしくてトイレに行けず・・・。

とても辛かったです。

 

基本は便秘気味で家ではもよおさないのに

出かけたりすると痛くなり苦痛になってしまい

授業に出るのが嫌になったので母親に打ち明けると漢方薬の薬局に連れていかれました。

そこで頓服のようなものを処方してもらい、

梅干しや梅エキスを食べるといいと聞いたので続けて

一時期はましになっていましたがやはりお腹が痛くなることへの不安は消えず。

 

内科の病院に行っても改善せず心療内科をすすめられたので通いだしました。

処方された薬は少し気持ちを落ち着かせる薬と整腸剤でした。

下痢にも便秘にも効く薬でした。

 

そしてもし痛くなった時のおまじないのようなものも教えてもらいました。

お腹痛くないと心の中で言いながら指などでリズムをとりながら

気をそらすといいといわれましたが、それはあまり私には効きませんでした。

 

その病院は私には合わず転院しました。

新しい病院ではカウンセリングも受けて箱庭療法?というものをうけたりしました。

(これがなんだったのかは今もわかりません)

安定剤を処方してもらい普段誰にも言えない不安な気持ちを聞いてもらいました。

 

私が思う原因は小さい頃から便秘で家族で出かけたときに

「お腹が痛いから帰りたい」と言うと「もう次から連れてこない」と言われたことが何回かあり、

そのトラウマのようなものが思春期のデリケートな時期によみがえってしまったのだと思います。

電車に乗って友達と遊びに行くのも憂鬱な時もあったので頓服薬を出してもらい、

普段から冷たいものをとらないなど心掛けました。

 

2年ほどの通院でほぼ完治しました。

今の私からするとなぜあんなにお腹が痛くなったりすることが恐怖だったのかわかりません。

ですがひとつ変わったと思うのは恥ずかしがらずにトイレに行けることになったことです。

思春期の女の子にはトイレに行くことがとても恥ずかしく思っていましたが

成人してからは自分の体験もあり別に恥ずかしくないことなんだ、

痛くなったらすぐにトイレに行けばいいこと。

とずっしりかまえることができるようになりました。

 

過敏性腸症候群で悩んでいる方たくさんおられると思います。

ですが病院に通うと治ります。

恥ずかしがらずに病院へ行って必要な薬を処方してもらってください。

乗り物などに乗るのも憂鬱で恐い方は頓服をもらったり、

トイレの近くに座ったり快速電車に乗ることで少し不安も消えると思います。

悩んでいる方の力に少しでも力になれるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL