自律神経の乱れが原因

便秘になると肌荒れやお腹が張るなど不快な症状が表れます。

便秘にはいくつか種類があり、

便秘と下痢を繰り返す状態が痙攣性便秘です。

 

物を食べると腸がぜん動運動を起こして便を下に送り出しますが、

何かの原因で過剰に運動し、痙攣状態になることで起こる便秘です。

腸のぜん動運動が活発すぎると、本来吸収されるべき水分まで

一緒に排出してしまうので下痢状態になってしまいます。

 

又、痙攣状態になると便の流れが滞ってしまうので、

便が溜まりやすい便秘症になってしまいます。

 

痙攣性便秘の原因は主として心因的なものが多いです。

ストレスなどで自律神経が乱れ、腸のぜん動運動を

コントロールできなくなる事がきっかけになります。

 

交感神経と副交感神経のバランスがキープできなかったり、

ホルモンバランスが悪くなると自律神経は乱れます。

痙攣性便秘の改善にはまず自律神経の乱れを改善することです。

その為には生活習慣を見直す事から始めます。

規則正しい生活、バランスのとれた食事、質の良い睡眠が基本です。

 

ストレスを回避する事はなかなか難しいので、

それを解消できるように適度に体を動かしたり、

自分が没頭できる趣味の時間を設けたりする事がポイントです。

 

夜更かしせず質の良い睡眠をする為に、

ゆっくり入浴したりマッサージをする事も効果があります。

ツボの指圧とマッサージを組み合わせると疲労回復に繋がり、

副交感神経を活発にさせるのでリラックス効果がアップし

気持ちが落ち着いてきます。

そうすることで腸が正常に動く確率が上がるので

痙攣性便秘の改善にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL