痙攣性便秘の症状

便秘は引き起こす原因の違いによって

気質性便秘と機能性便秘の

2つのタイプに分類することができます。

 

気質生便秘とは他の病気が原因で起こる便秘のことで

その病気の治療が必要となります。

 

一方、機能性便秘とは大腸の運動機能が原因となる便秘のことで、

そのうちの一つに痙攣性便秘が含まれます。

 

腸の働きは交感神経の優位な状態が続くと

腸の筋肉が収縮を繰り返すことによって

便を動かす運動である蠕動運動が止まり痙攣を起こしやすく、

便が中に留まってしまいます。

 

逆に副交感神経の優位な状態が続くと

蠕動運動が活発化し過ぎて下痢を起こしやすくなります。

この様に自律神経のバランスが崩れた時に

起こる便秘のことを痙攣性便秘と言います。

 

痙攣性便秘の症状には次のようなものがあります。

まず、便秘と下痢を交互に繰り返すのが大きな特徴です。

また、腸が痙攣を起こすことで腸内の圧力が上がり、

お腹の張りや下腹部痛があります。

 

この症状は多くの場合排便後に快方に向かいます。

さらに、便意は感じられても蠕動運動が止まった状態のため

なかなか排便できなかったり、コロコロとしたとても硬い便の場合が多く、

排便後も残便感を感じる傾向にあります。

 

上記のように痙攣性便秘は自律神経の乱れが原因はなので、

便秘薬などの薬物治療には注意が必要と言われています。

また、不溶性食物繊維の摂取は大腸への負担が大きいので、

水に溶けやすい食物繊維を摂取する方が良いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL