痙攣性便秘と規則正しい生活

痙攣性便秘とは精神的なストレスや

生活環境などの影響で起こる便秘です。

 

痙攣性便秘の症状には、便秘と下痢が交互に起こりやすい、

下腹部に痛みを伴う、固くコロコロした便が多い、

などの症状がみられます。

 

主な原因としては、精神的なストレスや自律神経の乱れが挙げられます。

副交感神経が乱れると、排便時の蠕動運動に支障がでます。

蠕動運動は、大腸の筋肉が収縮をくりかえすことによって

便を肛門へと押し出す運動です。

自律神経が乱れて収縮が過度に活発になると、

痙攣をおこしたような状態になります。

 

痙攣状態になると、便は外に出たり中に入ったりを繰り返す状態となります。

そのため、正常に排便されず便秘の状態となります。

 

痙攣性便秘は、過敏性大腸炎といって食物繊維の過剰摂取や、

便秘薬や下剤の使用によっておこることもあります。

便秘を解消するには食物繊維を多くとることにより解消されますが、

これは大腸の働きを促進するだけのものです。

よって効果があるのは弛緩性便秘のときだけに限ります。

 

痙攣性便秘時に食物繊維を多く摂取してしまうと、

余計に痙攣をさせてしまい逆効果となってしまいます。

便秘薬や下剤もよりいっそうの痙攣を起こし、症状を悪化させてしまいます。

 

痙攣性便秘の解消法には、規則正しい生活、食事を心がけ、

充分な睡眠をとることが大切です。

適度な運動やゆったりと入浴するなども効果的です。

自分にあったストレス解消法を見つけて

リラックスすることが治すには一番の薬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL