痙攣性便秘とは

痙攣性便秘は、精神的なストレスや

痙攣性便秘は生活環境などの影響で起こりやすいです。

ストレスなどによって、自律神経が乱れることが問題です。

腸のぜん動運動を促しているのが自律神経なので、

その乱れは便秘の引き金になりやすいのです。

 

痙攣性便秘の症状として、次のような特徴があります。

まず、最大の特徴として、便秘と下痢が交互に起こります。

腸機能が活発になりすぎているため、

消化吸収のスピードと腸の運動が釣り合っていないからです。

 

腸のぜん動活動が活発すぎると、本来吸収されるはずの水分まで

一緒に出してしまう下痢の症状があらわれます。

腸が過剰に運動しすぎて、痙攣している状態になると、

便の流れがスムーズに行われないため、

便が溜まりやすくなる便秘の症状があらわれます。

 

また、下腹部痛も起こりやすくなります。

特に、胃腸が活発に動く食後に痛くなりやすいです。

ほかにも、固くコロコロとした便になりやすく、

残便感を感じやすかったり、お腹が張ったりします。

 

痙攣性便秘は、男性の方が多く見られますが、

女性の方もなってしまうことが増えてきています。

本来なら、痙攣性便秘を治すには、ストレスを取り除くのが望ましいことなのですが、

今の社会でストレスのない生活をするのは、なかなか難しいことです。

 

せめて、睡眠時間をできるだけ充分に確保し、

生活リズムを整えるように努力してみましょう。

そして、リラックスできる自分なりの方法を見つけてみることが

自律神経の安定につながるでしょう。

 

悪化させて過敏性腸症候群などになってしまわないよう、

辛くなったら、専門医の診断を受けるのも、大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL